映画「JOKER」から学ぶ英語表現 ~used to~


バットマンシリーズの悪役として高い人気を誇るジョーカー。

そんな悪のカリスマがどのようにして誕生したのか、その過程が切なくも狂気的に描かれている映画です。

今回はそんな映画「JOKER」から気になるセリフをピックアップしたので、ジョーカーことアーサー・フレックが使った英語表現を学んでいきましょう!!

 

 

I used to think that my life was a tragedy. But now I realize, it’s a comedy.  –  Arthur Fleck(Joker)

 

この used to を使った表現になります。

used to は昔していた習慣や行動を表現する言葉になります。つまり現在は行っていないけど、昔はよくこんなことをしていたなぁ。

という意味になります。

ですのでこのセリフの場合は

 

「私の人生は悲劇だと思っていた。でも今は喜劇だと気付いた。」

 

という意味になります!

注意することはused to の後は必ず動詞の原形を持ってくることです!

例文をいくつか紹介すると

  • I used to study English very hard, but I don’t now.

(昔は英語を頑張って勉強していたけど、今はしていません。)

  • There used to be a big mall here.

(ここには大きなモールがあったよ。)


used to の表現はよくbe used to と混同されがちです。

be動詞+used to~ は~することに慣れているという表現になります。

そしてbe used to の後は動名詞(動詞のing形)か名詞がきます。

例文を言うと

  • I am used to getting up in the early morning.

(私は朝早く起きることに慣れています。)

  • He is not used to speaking Japanese.

(彼は日本語をしゃべることにまだ慣れてないよ。)


そしてついでに

get used to 動名詞or名詞 という表現まで覚えてしまいましょう!

これは~することに慣れるという表現です。

  • I got used to talk with foreigners in English.

(外国人と英語で話すことに慣れました。)


 

いかかでしたか?

今回はused to の表現だけではなく、be used to, get used to の違いも学んでいきました。

実際にジョーカーが使っているところを聞きたい方は、こちらで確認してみて下さい!

https://www.youtube.com/watch?v=t433PEQGErc (←最初から再生されます)

スポンサーリンク