洋楽「Chandelier」から学ぶ英語表現 ~Like~


 

今回はSiaの曲 Chandelier から英語表現を学習していきましょう!

Siaの歌唱力だけではなく、PVに出ている女の子も話題になった曲です。

意味をしっかりと理解し、この曲の良さを味わってみましょう!

歌詞と和訳は次のページに用意してあります!

 

I’m gonna live like tomorrow doesn’t exist

I’m gonna fly like a bird through the night

 

これらはサビの一部分です。

Like を使うことによってどんな風に生きるのか、どんな風に飛ぶのか説明しているんですね。

なのでこれらを和訳すると

「私は明日が無いみたいに生きるの」

「私は夜中を飛ぶ鳥のように飛ぶの」

になります。

Like は好きという動詞でも使用されますが、このように何か例を挙げるときにも使用出来ます。

会話の中で頻繁に使われる表現です。

使い方としては、like の後ろに名詞を持ってきても文章(主語+動詞)を持ってきても大丈夫です。

 

例文を見てみましょう!

  • My brother is like my father.

(兄は父親のようだ。)

  • Tully’s Coffee is like Starbucks.

(ターリーズコーヒーはスターバックスのようだ。)

  • I speak English like I’m a native speaker.

(私はネイティブスピーカーのように英語を話す。)


Like はその前に動詞を用いることで様々な使用方法があります。

  1. Look like ~ : ~ のように見える
  2. Sound like ~ : ~ のように聞こえる、思う
  3. Smell like ~ : ~ のような匂いがする
  4. Taste like ~ : ~ のような味がする

 

動詞と組み合わせて使い、会話表現を豊かにすることができます! こちらも例文を見てみましょう!

  • This textbook looks like a comic book.

(この教科書は漫画のように見える。)

  • Your plan sounds like great.

(あなたの計画は素晴らしく思える。)

  • This water smells like an apple.

(この水はリンゴみたいな匂いがする。)

  • Her cake tastes like chocolate.

(彼女のケーキはチョコレートのような味がする。)


 

さて like の用法を理解できた方は実際に曲を聞いてみましょう!

https://youtu.be/2vjPBrBU-TM (←最初から再生されます)

 

歌詞・和訳は次のページです。

スポンサーリンク