バンコクからワンデイトリップ


タイバンコクは世界でも有数の観光地で見どころもたくさんあり、多くの外国人観光客が訪れる都市です。

しかしせっかくのタイ旅行ですから、バンコクだけではなく近くの観光地も行ってみたいですよね。

そんな方のために、バンコクからほど近い日帰りで行けるおすすめの2つの観光地をご紹介いたします。

 

 

 

アユタヤ

 

バンコクから北へ80kmほどにアユタヤはあります。

その歴史は14世紀に建都されてから、18世紀にビルマ(ミャンマー)軍の攻撃で破壊されるまでアユタヤ王朝の都として栄えた都市です。

チャオプラヤー川とその支流に囲まれた地形は水運に恵まれ17世紀には国際貿易港として栄えました。

その時代の仏塔や涅槃像、素晴らしい建築美の歴代王の離宮など、かつて栄華を極めた古都には壮大な歴史が眠る遺跡の街として、多くの観光客を魅了します。

 

アユタヤの見どころ

 

アユタヤは川に囲まれた島になっていて、遺跡の多くは島内の歴史公園に点在しています。

その中でも観光に外せない遺跡をご紹介いたします。

 

ワット・プラ・シーサンペット

 

15世紀に建立された王室専用寺院で、アユタヤ王宮内にあった最も重要な寺院。

過去には「プラ・シーサンペット」と呼ばれる巨大な黄金の仏像が置かれていましたが、今は3基の仏像のみが残り、この寺院のシンボルとなっています。

いくつかの仏像は日没後にライトアップされ、幻想的な雰囲気に包まれます。

 

入場料 : 50バーツ(約175円)

営業時間 : 7:00~18:00(19:00~21:00はライトアップされます。)

 

ワット・マハタート

 

ワット・マハタートは14世紀に建てられた当時は黄金に輝く尖塔がありましたが、18世紀にビルマ軍の攻撃を受け廃墟と化しました。

現在はガジュマルの木の根に埋め込まれている頭だけの仏像が、アユタヤ観光で訪れるスポットになっています。

 

入場料 : 50バーツ(約175円)

営業時間 : 8:00~18:00

 

ワット・ヤイ・チャイモンコン

 

この寺院は、16世紀にビルマとの戦勝記念として建造され、アユタヤ崩壊の時には他の寺院から離れたところに建てられていたおかげで破壊を免れました。

この寺院の見どころは70mもある巨大な仏塔と真っ白な涅槃仏で、仏塔を上がるとアユタヤを一望することができます。

小さな仏像が仏塔を取り囲み、裏手に回ると黄色い袈裟を肩から掛けた真っ白な涅槃像を見ることもできます。

 

拝観料 : 20バーツ(約70円)

拝観時間 : 8:00~17:00

 

 

  • 象に乗って遺跡巡り

 

 

アユタヤは遺跡の観光だけではありません。

是非体験したいのはエレファントライディンです。

普段動物園で見ることはあってもなかなか象にのる機会はないですよね。

しかしアユタヤなら象の背中に設置された椅子に座って遺跡巡りができます。

見晴らしの良い高さから見る遺跡群は、地上から見るのとはまた違いまさに王様気分です。

象の乗り場は歴史公園にあり、所要時間によってコースが分かれています。

 

料金の目安(1人)
10分~30分 : 200バーツ(約700円)~ 500バーツ(約1,750円)

 

  • アユタヤフローテイングマーケット(アユタヤー水上市場)

 

 

アユタヤフローティングマーケットはアユタヤー遺跡群の島の東側にあり、観光客向けに作られたマーケットで、大きな池を取り囲むようにたくさんのお店が並んでいます。

池には浮島があり橋を渡って行き来できるように作られています。

マーケットにはたくさんのお店や飲食店が入り、いろいろなタイ料理から選んで頂くことができます。

ここの飲食店は値段も安くておなかいっぱい食べられます。

また、お土産屋もたくさんありますのでよりどりみどりです。

 

入場料 : 200バーツ(約700円)

営業時間 : 9:00~20:00(年中営業)

アクセス : ロットゥ(ミニバス)バンコク北バスターミナルから約1時間30分。

鉄道バンコクファランポーン駅から約2時間。

(所要時間は大きくずれる場合があるので、余裕をもって行動してください。)

ロットゥ、鉄道ともに下車後トゥクトゥクで遺跡公園や他の観光地へ移動が可能。

アユタヤは観光場所が点在していますので、到着後はトゥクトゥクのチャーターが便利です。

※鉄道は2021年から始発がバンスー中央駅に変更予定です。

 

 

アンパワー水上マーケット

 

 

バンコクから西へ80kmの所に人気のアンパワー水上マーケットがあります。

バンコクからもアクセスが良く、古い伝統長屋が残り地元住民も水上生活を続けていることから、古き良きタイを求めて外国人観光客のみならず、タイの若者たちからも人気を集めています。

 

アンパワーの見どころ

 

アンパワー運河の両岸500mほどにお土産屋やタイ料理店、スイーツのお店、コーヒー屋台などがびっしりと立ち並んでいます。

市場の営業は毎週土日のみで午後から夜にかけてお店が開きます。

 

  • ホタル鑑賞

 

 

夕方から小舟に乗ってメークロン川でホタル鑑賞ができます。

アンパワーのホタルは、ランプーの木を好みそこに集まります。

夜になるとホタルの放つ光が浮かび上がる幻想的な光景は、一見の価値があります。

船着き場は市場周辺に点在していますので、アンパワーの思い出にぜひご鑑賞ください。

 

営業時間 : 毎週土日のみ15:00~21:00

アクセス : 南バスターミナルからアンパワー下車徒歩15分。

アヌサワリーからロットゥ(小型バス)でアンパワー下車すぐ。

 

 その他の情報

 

 

アンパワーに行く途中に、珍しい線上市場のメークロン市場があります。

テレビでも良く放送されている、列車が来ると商品をかたづけて、去った後にまた並べるという奇妙な市場です。

列車の本数が少ないので、運が良ければその光景が見られるかもしれません!

ただしバスで行くのは難しいので、大人数で行く時に運転手付きのワゴン車のチャーターがおすすめです。

 

 

まとめ

 

アユタヤやアンパワーはバスや鉄道などで行く場合、到着後の移動や途中の観光地見学には不便です。

ある程度の人数なら、ホテルまでの送迎付きワゴン車のチャーターがおすすめです。

日本からの予約も可能ですが下記の旅行会社では、現地で申込みができます。

 

旅行会社 : HISバンコク支店

営業時間 : 9:30~18:00(年中無休、日本語対応可)

アクセス : バンコクBTSアソークまたはMRTスクンビット下車、アソーク交差点のインターチェンジビル内。

※HISのお店は他にもありますが、日本語対応はこのお店だけです。

 

いかがでしたでしょうか?

バンコク周辺にもたくさんの観光地がたくさんあります。

せっかくのタイ旅行ですので、バンコクだけにとどまらず、日帰りで周辺の観光地まで足を延ばしてみればきっと楽しい思い出になりますよ!

スポンサーリンク